送別会を引き受けたら

送別会の幹事の仕事は大変です。送別会という特別な雰囲気のため、送別会の成功はひとえに幹事の腕にかかっています。

送別会の幹事の仕事は、まず会場の予約、送別会の案内文考案、案内状作成をしなければなりません。

送別会案内文はネット上の例文集を参考にすれば良いでしょう。送別会案内文スタイルはテンプレートがありますので、それを使用することで十分です。

送別会の司会は送別会には極めて重要な大役です。送別会あいさつの順番、
送別会のプレゼント、歌などの余興をどのタイミングで出すか。

送別会の式次第の順序を間違えると、送別会の雰囲気が台無しになる恐れがあります。

送別会は組織の中から離れていく人のための催しですから、冒頭の送別会挨拶は大事です。

送別会挨拶はその組織のトップにしてもらうのが普通です。例えば、会社で言えば、社長、専務あたりでしょう。

冒頭挨拶で、余り何人も挨拶が続くと間延びしたものになるので、2人位までを考えたいものです。

送別される人に近い、同僚、友人達のスピーチは、食事・歓談に入ってからで良いでしょう。贈る言葉は贈られる人の心に響きますので、ある程度の人数を用意しましょう。

送別会のプレゼントは送別会が盛り上がったところを見計らって、タイミングよく設定するのがポイントです。送別会の贈物としては送別会会場全員の色紙が一般的には喜ばれるようです。

送られる側の言葉は最後の締めくくりになるので、会場全てが送られる人に注目するよう工夫が必要です。

送別会の幹事の腕が色濃く反映される送別会。

送られる人のことを予めよくリサーチして、送られる人が一生心に残るような送別会にしたいですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。